工事現場で大活躍!フォークリフトの選び方

フォークリフトの進化の歴史

工事現場などで頻繁に使われているフォークリフトは、重い物をすぐに別の場所に移動する事のできる利便性から様々な場所で使用されていますよね。特に解体作業の現場など、速やかな瓦礫の搬出が必要な場面では頻繁に利用されている光景を見る事も多いでしょう。フォークリフトは産業革命による工業の技術進歩と同時に発展し、主に荷物の積み下ろしに使われていたんですよ。現在は自動車メーカーを中心に年間2万台以上出荷されているから驚きですよね。

フォークリフトの目的別選び方

荷物を簡単に移動させる事のできるフォークリフトをどのように選べば良いかを知っている人はそんなに多くないのではないでしょうか。フォークリフトの種類には大きく分けて「カウンター式」と「リーチ式」の2種類があるんですよ。カウンター式のリフトでは運転の操作は自動車とほぼ同じですので、初心者でも簡単に動かす事が出来るので安心ですね。一方、リーチ式では主に屋内での作業に適し、狭い場所でもアームを伸ばす事ができるという便利な特徴があるんですよ。

エンジンの違いによるフォークリフト選び

フォークリフトを選ぶ際に重要な事は、エンジンの種類をどれにするかでしょう。大きく分けて3種類のエンジンがあるんです。第一にガソリン式と呼ばれる振動が少なく安定した走行が可能なタイプ、第二にLPG式と呼ばれるLPガスを使用したエンジンの寿命が長いタイプ、第三にディーゼル式と呼ばれるエンストの心配の少ないタイプから選ぶことが可能ですよ。荷物の運搬の目的や操作の熟練度に応じてエンジンを使い分けるのが賢い使い方ですよ。

荷物を運ぶためのツメが2本前方についた自動車のことをフォークリフトと言い、港湾などで使われています。