仲間と支え合えるから楽しいし困難も乗り越えられる

シェアハウスの生活とは

シェアハウスは一つ屋根の下に共通の目的を有する仲間が共同生活をするのは基本となります。血のつながりなどは関係ありませんし、目的もそれぞれ異なります。例えば高い家賃を折半するためであったり、シェアメイト同士が互いの生活をサポートし合うためであったり、共通の目標のために共に努力するためであったりと様々です。共同生活をすることによって、まるで家族のようなつながりを仲間同士で得ることができる場合もあります。

他人同士ではあるけれども

シェアハウスで暮らす仲間はあくまで他人であり、家族ではありません。ですが、共同生活を進める中で互いの関係は深まり、時にそれに似た深い関係を築けることもあります。特に共通の目的を有している場合であればそうした絆も芽生えやすいといえます。また、一人暮らしの場合ですとセキュリティ関連で数々の課題がありますが、複数人が共同生活をしていればその問題もある程度は解消できますし、万が一にも体調を崩した場合には支え合うこともできます。

生活をサポートし合うことが醍醐味

シェアハウスの醍醐味は互いの生活をサポートし合うことにあります。家賃や光熱費などの折半という金銭的な目的だけではなく、食事の支度や掃除などを分担制にすることで、一人暮らしをするよりもはるかに負担を減らすことができることにあります。そうなりますと生活の中で金銭的にも気持ち的にも余裕が出るようになるでしょう。加えて共に暮らす仲間がいるわけですから、環境に恵まれた場合は非常に豊かな生活を送ることができるのです。

若者に人気のシェアハウスは、何人かで一つの家に住むことをいいます。プライベートな部屋と共有の部屋があります。