仕事の効率化は社員間のコミュニケーションから

会社は組織で一人じゃない

会社は組織であり、組織である以上は複数の社員で構成されています。会社の規模が大きくなれば所属する社員の数も多くなりますし、部署も細分化されていきます。そして大きい会社であろうと小さい会社であろうと一つの仕事に対して一人しか関わっていない、ということはなく、複数人が関わりようやく簡潔する場合が大半です。そのため仕事を最初から最後まで正確に遂行するためには社員間の連携が必須であり、この点に不備があれば円滑に業務は進みません。

社員間の連携が鍵になる

一つの仕事を遂行する上で複数の社員が関わり、その数が多くなればなるだけ、連携は難しくなっていきます。作業に一つでも遅れが出てしまうと、全体がストップしてしまう場合もあるでしょう。とても効率的であるとは言い難いのが実情で、かといって関わる社員の数を減らせばそれはそれで不備が生じる可能性があります。そのためにも日頃から社員間が密に連携を取り合えるような環境をつくっていく必要があり、それこそ会社の役目でもあるのです。

社員間が信頼できる組織を

日頃から関わりのない人同士で連携を取ろうとしても難しい場合があります。そのために同じ仕事に関わる社員同士で日頃から業務を超えたコミュニケーションを取り、人間関係を良好にしておくことが求められるのです。そうすれば互いに信頼感が生まれ、自然と連携も取りやすくなるためです。結果、業務を効率化させることができるのです。組織が人で構成されている以上は、人間関係をきちんと意識した組織づくりが必要といえるでしょう。

仕事をするにはマニュアルが必要です。しかし、それがわかりにくかったら意味がないのです。ワークフローは流れ図を用いているので分かりやすいです。