代理店ってよく聞く…。どんなことしてる仕事なの?

保険会社と消費者のパイプ役!保険代理店

保険に入ってない人はまずいませんよね。保険会社と消費者の間を取り持つ仲介者が保険代理店です。消費者だけでは理解しにくく難しい保険の加入方法を説明し、適切な提案をする役割を担っています。保険代理店は全国にあるので、その地域ごとに密着したサービスを提供しています。消費者と信頼関係を築くことができるのも特徴。代理店を通して保険を契約すると値段は高くなってしまいますが、面倒見の良い代理店であれば、手厚いサポートをしてくれます。

クライアント企業と広告媒体側のパイプ役!広告代理店

よく目にする広告、それは広告代理店が関わっているかもしれません。自分の商品を消費者に広めたい、自分のサービスの宣伝をしたいと考えたとき、頼るのが広告代理店です。広告を出したい企業と広告を載せてくれる媒体企業との仲介者になります。広告の制作を請け負ったり、広告スペースの購入&販売をしたりすることで利益を得ています。広告代理店の中でも、すべてのメディアに対応できる総合広告代理店、特定のメディアに秀でた専門広告代理店等の種類があります。

交通機関&宿泊会社と消費者のパイプ役!旅行代理店

ディズニーランドやUSJ等の遠出の旅行を考えるとき、頼りになるのが旅行代理店。旅行代理店が商品にするのは文字通り旅行商品です。旅行商品というのは、旅行で使う新幹線や泊まる場所などのこと。旅行に必須の交通機関や宿泊会社の利用をひっくるめたプランとして消費者に提供する役割をもっています。旅行慣れしている人であれば必要ないのかもしれませんが、交通機関の切符を買って、宿の予約をするという面倒な作業を代わりに行ってくれるのは助かりますよね。

代理店の募集では、様々な種類の店舗が揃っているため、自分の希望に合ったジャンルの店舗を選ぶことができます。