町の電気屋さんはとても親切、代理店を利用するメリットとは?

お客にとの会話が大事

科学の力は偉大で現代においては非常に便利な電気製品が普及しています。テレビは薄く大きくなり、ラジオは小さくポケットにも入るコンパクトさです。どこの量販店も大勢の人で混雑して売り手にも買い手にも活気が溢れかえっていると言えるでしょう。商店街の一角に静かに門を構えている大手メーカーの代理店では、量販店とは異なった雰囲気を醸し出しているはずです。代理店は地域に根付いた仕事としてお客と会話することで非常に深い繋がりを生んでいるのです。

量販店を選ばず理店で購入する

量販店と言えば年中無休、店内では店員が得意の話術で売り出し価格の割引や人気商品の売り込みを行っている、そんなイメージではないでしょうか。一方、代理店では決して広いとは言えない店内で少数のお客を相手にお客のための商品説明を丁寧にしています。代理店を訪れるお客は量販店の売り込み販売とは違う詳しい商品説明を求めている傾向があります。特にお年寄りにとっては量販店の勢いのあり過ぎる過度な売り込み販売より、修理や購入後のアフターサービスが満足出来る代理店を利用したいと考える方が多いのです。

代理店へ足を運ぶメリット

量販店は駅前の一等地に建ち、一階から五階までの各フロアにおいてあらゆる電気製品の販売を行っている電気のデパートといったイメージが売りでしょう。テレビにラジオ、洗濯機に冷蔵庫、子供の大好きなゲーム機器やゲームソフトも豊富に取り揃っていて、その空間では子供も大人も揃って興奮しがちです。代理店は量販店と違い商品の売り込みより、お客に合わせた丁寧な接客が基本のサービス業と言えます。購入した電気製品の設置も購入後のアフターサービスも代理店の店主が行うことが多く、こうした作業がお客との親密関係を育ててリピーター客を作り出しているのです。

代理店契約の条件は、商品の卸値やインセンティブが中心で、販売方法などは契約店側が自由に決定できるところがフランチャイズとの違いです。