自営業のやり方はPDCAをしっかり回すことが大切!

どんな事業もPDCAが大切

個人事業であれ、大企業がやっている事業であれ、経営という意味では共通する部分がたくさんあります。その一つにPDCAをしっかり回すことがあります。Pはプラン、すなわち計画で、Dはドゥーを意味し実際に行動することの頭文字です。また、CはチェックのCを表し、Aはアクションでチェックの結果、修正をしたり方向転換をすることを意味します。このPDCAは一通りやればいいというものではなく、修正した結果からまたプランのサイクルを始めると効果的だと言われています。

自営業もプランが大切

自営業が事業をやっていくやり方として、このPDCAを意識するといいでしょう。自営業はどうせ規模が小さいから、あまり綿密な計画を作る必要がないだろうと考えているとしたら、それは誤解かもしれません。概略の計画を作るにあたっても、ある程度綿密に計画したものでなければ、すぐに破綻してしまう可能性があります。そういった意味でも、プランのステップは非常に重要だと言えるかもしれません。自営業であっても、しっかりした計画を作ることが、事業が順調に成長していくポイントの一つではないでしょうか。

自営業もチェックのステップを疎かにしない

自営業でもPDCAサイクルを回すメリットは、チェックのステップが機能することかもしれません。忙しい中で、終了した仕事について反省してチェックをすることは、かなり手間も時間もかかりますから面倒になりスキップしてしまいたくなるでしょう。しかし、チェックのステップを確実に行うことにより、事業が提供している商品、製品そしてサービスのレベルが向上し、結果的に、事業が長期的に成長していくことに繋がっていくのではないでしょうか。

フランチャイズではコンビニエンスストアや高齢者介護サービス事業、焼き鳥屋など多くの業界で実施しています。